医学部の予備校に通った効果

私は去年の春まで高校生でしたが、国立大学の医学部を去年の冬に受験して、残念ながら受かることができませんでした。 あとちょっとのところで受かるというよりも、まったくかすりもしなかったという方がより適切で、 私は次第に、このままだと何年勉強しても受からないのではないか、という不安を持つようになりました。

私は高校に在学中に学習塾に通いながらずっと受験勉強をしていたのですが、そこは普通の予備校でした。 一緒に医学部を受験した友達から、医学部への進学を専門にする予備校 もあるという話は昔から聞いていたのですが、 なんとなく惰性のままそこの予備校に通い続けて、結局は受かることができなかったのです。

私はやはり難関である医学部を目指すならば、それを専門にした予備校で勉強した方が、 一番効果があるのではないかと次第に思うようになり、医学部予備校ナビを紹介してもらいついにそうした学校に通うことを決心しました。 我が家は幸いなことに裕福だったのでお金の面では特に考慮することはなかったのですが、 問題なのは自分の学力でした。そうした学校の中にはテストを受けて一定の基準に達していなければ 入学できないという学校もあると聞いたので、私はその中から自分のレベルに合っていそうな学校で、 毎年多くの合格者を出している実績を持つ学校を選んで入学することに決めました。その学校にも入学試験 のようなものがあったのですが、私はこれを何とかクリアしてその学校に入学することができました。